1. TOP
  2. 診療報酬ファクタリング比較
  3. 資金調達プロの一括見積はどこの会社が登録されてる?

資金調達プロの一括見積はどこの会社が登録されてる?

「資金調達プロ」はその名のとおり、様々な資金調達法を専門家の観点から提案される見積もりサイトです。

複数のファクタリング会社が登録しており、項目を入力することでいくらまで資金調達が可能かすぐにわかる便利な資金調達情報サイトです。

率直な感想としては診療報酬ファクタリングよりも一般のファクタリング会社の資金調達サイトなので一般の売掛金をファクタリングするならともかく、レセプトを使う医療関係者にとってはそこまでメリットが多いようには思えません。

また、資金調達プロは、どこのファクタリング会社と比較して見積もりしてくれてるの?という部分が気になるかと思いますのでこちらについても実際に資金調達プロの見積もりで比較できる提携会社が判明しましたのでここで記載しておきます。

資金調達プロの概要

運営元 株式会社セレス
所在地 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号
世田谷ビジネススクエア タワー
代表者 代表取締役社長 都木 聡
電話番号 080-9537-5797

資金調達プロは登録した8社程度が一括で見積可能

資金調達プロのホームページ上では提携が1000社とあったので、最初はそんなにたくさんのファクタリング会社って日本にあったかな?と思ったのですが、実際にこれは提携企業が1000社ということで、税理士事務所やローン会社などファクタリング以外の会社もこの1000社の中に入っているようです。

ちなみに資金調達プロのサイト上部に掲載されてる顔写真も利用者だと思ったのですが、提携の税理士さんや会計士さんのようですのでそのような会社も提携されているようです。

でもやはり資金調達プロを利用する場合、会社の内容や個人情報を登録するので具体的にどこのファクタリング会社が登録されてるのか気になりますよね

これについては資金調達プロにはどこのファクタリング会社が登録されてるか?について調べてみました。

最初ホームページトップに関してはいろいろ見てても見つからなかったのですが、資金調達プロのサイト内をいろいろ探してみると「プライバシーポリシー」に資金調達プロの提携企業が記載されていました※2018年8月時点

以下の会社が資金調達プロの提携企業のようです。

・株式会社ビートレーディング
・ピーエムジー株式会社
・株式会社アットマネジメントJAPAN
・株式会社ワイズコーポレーション
・株式会社ウェーブネット
・株式会社リソースプロ
・エメラダ株式会社
・株式会社グラティチュード・トゥーユー
・株式会社BizPlatform
・株式会社ボンズコミュニケーション

となっています。

1000社提携とあったので、最初はかなりのファクタリング会社が登録されてると思っていましたが、実際のところ、この1000社というのはほとんどはアドバイスなどを行う公認会計士の会社や税理士事務所のようで、肝心のファクタリング会社については10数社程度でちょっと少ないかな・・という感じはあります。

ちなみに下部にある株式会社BizPlatformや株式会社ボンズコミュニケーションについてはファクタリング会社ではないのであくまで事務などのお手伝い企業のようです。

つまり、資金調達プロでは6~8社程度のファクタリング会社がすぐにわかるということですね。

なので一般的に良く知られるトップマネジメントや三共サービスやHファクターなどは見当たらないので実際に比べてみないとわからないということですね。

資金調達プロで申込したら手数料はいくらなの?

資金調達プロで実際に登録してみたのですがファクタリングの手数料がいくらになるかどうかこの時点ではわかりませんでした。

資金調達プロから最初に届くメールではファクタリング手数料などは記載されていなかったからです。

必要事項を入力してその後ファクタリング会社から電話がかかってくる仕組みなので、結局はファクタリング会社がその売掛金を詳しく調査してから手数料が決まるとなっているようです。

これについては一般的なファクタリング会社と同じですね。

実際にはPMGやビートレーディングなどの会社の手数料が適用されることになると思います。

その場合はPMGやビートレーディングなどは手数料をホームページ上に記載していない会社でもあり手数料は債権にもよりますので正直手数料はわかりませんが、それらの会社の手数料から見ると特別安いというわけでもなさそうですね。

資金調達プロのメリット

一括で10社程度のファクタリング会社に見積もりができるのでいちいち問い合わせしなくていいので便利です。

資金調達プロのデメリット

診療報酬ファクタリングを扱ってる会社もあるものの、扱ってない会社も混ざってるのでどの会社からアプローチされるかはわかりません。

会社によってはファクタリング事業についての詳細がよくわからない会社もあります。
必要のない会社にまで個人情報や会社の情報がいきわたってしまう可能性はあります。

また、名前や債権額を入力しただけでのある程度の概算の見込みなので実際の正しい資金調達額はわかりません。
ファクタリングは債権の状態などにより、手数料が変化しますので実際の手数料はいくらくらいなのかまでは最初はほとんどわかりません。

あくまで直接面談してからなのであまり正確な数字ではないでしょう。

また、気になるのはどこのファクタリング会社から連絡が来るのかは最初の段階ではわからないことです。
できれば申し込み画面の時点で書いていてほしいな・・という感じはします。

透明性という部分ではわかりにくい点が多いと感じています。

資金調達プロのまとめ

診療報酬ファクタリングも取り扱っているものの、どちらかというと一般企業向けの一括見積サービスですね。

ただ、また一般に他サイトなどでも紹介されてるファクタリング会社はここに入ってない会社も多く、結局は他の会社に問い合わせしないとわからないんじゃないのかな?という感じもします。

ちょっと不親切に感じたのはやはりどこの会社と比較して一括見積をしてくれるのか?という部分がトップページには記載されてないのでどこの会社に自分の会社の情報が渡されるかわからないところです。

車などの一括見積もりサイトを利用した方などならわかると思いますが、ふつうはどこの会社と比較すると書かれているものですからね。

ビートレーディングやPMGは割とファクタリングでは大手でちゃんとした会社なのでそこは堂々と記載していればいいと思うのですけどね。

この辺はプライバシーポリシーを見なければわからず最初は不安になりました。

また資金調達プロの問い合わせ電話番号はなぜか携帯電話で、連絡は原則メールのみなのでちょっとここについてはどうなのかな?という感じもしました。

売掛金という大事な顧客の資産を扱うわけですから、ここについてはやや疑問を感じますね。

利用としては便利なのですが、いざファクタリングという大事な債権を使って契約をする場合に、不明瞭な部分が多く、疑問点もやや残ったという印象がありました。

\ SNSでシェアしよう! /

診療報酬ファクタリングラボ レセプト買取で資金調達の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

診療報酬ファクタリングラボ レセプト買取で資金調達の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!